Make your own free website on Tripod.com

行き当たりばったりで始めると頭がこんがらがりそうですので、

ここでキッチリまとめておきます。

 

まず今回は、PCからの入力をJAMMAを通して接続することとします。

JAMMAとは即ち現在のアーケードゲームの統一規格、汎用性を持たせる、と言うことですね。

 

しかし、JAMMAで定められている規格の中には、音声のステレオ入力や

4つボタン以上の入力に関しては定められていません。

ま、その辺りも業界の標準とも言える

カプコンのCPシステム基板の規格に習って制作します。

 

具体的には。

サイドワインダーの方向入力、ボタンXYZJAMMA側から接続。

ボタンABCCPSキックハーネスから接続。

サイドワインダー10ボタンのうち、L R start M などは、

筐体上のサービスボタン、テストボタン、コインスイッチ等に接続。

筐体のオーディオ入力は、ハーネス上からピンプラグに引き出す。

 

図にまとめるとこんな感じですね。ちょっと分かりづらくてスマンです。

赤い部分が今回新たに作るハーネス類です。

 

 

ボタン配置はこんな予定です。

さらに筐体コインスイッチを サインダー1P L
筐体サービススイッチを サインダー2P R
筐体テストスイッチを サインダー1P M

こんな感じですね。

 

サイドワインダーからの信号の引き出し方ですが、

基板をむき出しにして、スイッチ部分から直接信号を乗っ取ろうと思っています。

 

さて、こうやってまとめてみると

手間はかかりますけど難しいことは何もありませんねー(^^)

 

何事もなく進めばよいのですが・・・