Make your own free website on Tripod.com

●サウンド●

皆さん意外と苦労されるのはこのサウンドの問題らしいです。

最近はPCIカードが主流になりましたが、各カードベンダーは
それぞれ独自の方法でISA版サウンドブラスターと
互換を保とうとしているため、ドライバ周りが煩雑になっているのが
原因かな?とも思います。

 

で、MAMEでサウンドを問題なく楽しむコツは、ズバリ

ISAバス用のサウンドブラスターを導入。

これにつきるかな、と思います。

 

サウンドブラスター16、サウンドブラスター32
サウンドブラスターAWE64、

どれもMAME上であっさり使えます。

 

そして、ISAサウンドブラスターの一番良い点は、
OPLと呼ばれるFM音源の100%互換チップが載っている点でしょう。

MAME上でこれらを有効に設定すると、バブルボブルテラクレスタなどの
音の再現度が抜群に良くなり、しかも軽くなります。

さて、最近はMAMEのOPLエミュレーションの完成度が
かなり上がってきましたので、ハードウェアでのOPL実装に
さほどこだわらなくても良いのかもしれません。

そんな方には、

AudioPCI系(サウンドブラスターPCI64)

をお薦めしましょう。

通常44100Hzまでしか選べないサンプルレートが、
48000Hzまで選べるようになるそうです。(情報提供 坂さん)

ナムコPSG等、「微妙ですが違いは分かる」レベル(^^;)で
改善されるそうですよ。